AIトリオにコラムを読ませてみた。

By DALL·E3
> 水田の横にあるベンチに座りながら一人物静かにを読んでいるを印象派絵画と水墨画がミックスされた感じに描いてください。
アスペクト比は16:9で。
コラム本文はこちらでs.

今日は土曜日なので当然のように会社はお休みで朝会もありません。
ですから新聞ピックもないんですが、個人的に今日のコラムはいいなぁ「春秋」ですけど面白いなと思って、これをAIとリオに読ませるとどうなるかやってみました。
結論から言ってサポートしてあげないと 3つのAI全て正しく解釈できませんでした。

コラムのように短い文章の中に多くの情報がぎゅっと詰まったものは彼らはどうも苦手のようですね。 の要約は得意なんですが、既に要約されてしまっているようなものを解釈しろとかポイントを抜き出せとなると難しいようです。特にこのコラムのように時間と空間の広がりがありそれが交差しているようなのは人間でも難しいよなった思います。

残念ながらこの著作権の関係でぼかしているところがとても重要なことが書いてあるところです。

をテーマにした作品を多く執筆している作家の山下惣一氏が考えるそれこそ「農業」という文字についてのものです。 簡単に申し上げると農業の「農」は農業をやるための土台となる自然の大切さと対応し、農業の「業」の部分ではなりわいとしての業を表し、実際に稲を育てそれを販売し収入を得ることの大切さと対応させています。
そしてこの2つがあって初めて農業が成り立つのだと言うことが書かれています。
なるほどなと思わせられました。
それでちゃんと解釈できなかったに次のようなプロンプトを投げてみました。

シュワッチ

このテキストで大切なのはこの部分です。
さんは農業を2つに分けて考えた。山の手入れや田んぼの排水と、収入になる収穫などの仕事です。
前者が農で後者が業。
そして地域の公益につながる農のことを「良か仕事」と呼んだ。
これはつまり山の手入れや田んぼの排水というのは自分のためというよりみんなのためです。
これを山下さんは「農」と呼んでいます。
次に、収入になる収穫などの仕事これは自分のためです。これを「業」と呼んでます。
農業とはこの2つが合わさったものである。
つまり「公」と「私」が合わさったものが農業であり、そうなってこそ「良か仕事」だと山下さんは言っているのだと思います。
この私の解釈は合ってますか?

ChatGPT4

はい、あなたの解釈は正しいと思います。山下惣一さんは「農」と「業」を農業の二つの側面として捉えています。「農」は山の手入れや田んぼの排水など、共同体全体の利益に資する活動として位置付け、「良か仕事」として高く評価しています。これは公共の利益のための作業です。一方で「業」とは、収入を生む収穫など、個人的な利益に直接関わる活動です。山下さんによれば、これら両方の側面が統合されたとき、農業が成り立ち、「良か仕事」すなわち価値ある労働となるのです。
要約すると、「農業」という言葉は、地域の公益に資する「農」と自己の利益に資する「業」、この両面から成る活動を意味し、山下さんはその統合を「良か仕事」と呼んでいます。

はい、あなたの解釈は正しいと思います。山下惣一さんの考え方を的確に捉えていると言えます。
山下さんは、農業を「農」と「業」の2つの側面から捉えています。
「農」:山の手入れや田んぼの排水などの作業は、直接的な収入にはつながりませんが、地域の公益に貢献するものです。これは自分のためではなく、みんなのために行う仕事だと考えられています。
「業」:収穫などの仕事は、自分の収入を得るためのものです。これは私的な側面であると言えます。
そして、この「農」と「業」が合わさったものが農業であり、公と私の両方の要素を持つことで、はじめて「良か仕事」と呼べるのだと山下さんは提唱しているのです。
あなたの解釈は、山下さんの考えを正しく理解していると思います。農業は、個人の利益だけでなく、地域社会全体の利益につながる活動でもあるという認識は、非常に重要な視点だと言えるでしょう。

はい、あなたの解釈はほぼ正しいと思います。山下惣一さんの言葉を以下のように解釈できます。
農業とは「農」と「業」の二面性を持つ
農: 山の手入れや田んぼの排水など、地域全体の環境保全や公益に繋がる活動。報酬は得られないが、地域社会を支える重要な役割を担う。
業: 収穫・販売など、収入を得るための活動。個人の利益に繋がるが、農業全体の持続可能性を支える基盤となる。
「良か仕事」とは「農」と「業」の調和
山下さんは、「農」と「業」の両面をバランス良く実践#linkすることで、地域社会に貢献し、個人の生活も豊かにする「良か仕事」となることを主張しました。
単に収入を得ることだけでなく、自然環境や地域社会への配慮、持続可能な農業の実践など、様々な要素を考慮することが重要となります。
現代社会における「良か仕事」の重要性
現代社会では、効率化や利益追求が重視されるあまり、「農」の側面が軽視されがちです。
しかし、環境問題や食料安全保障など、様々な課題を抱える現代社会において、「良か仕事」の重要性はますます高まっています。
山下さんの言葉は、私たちに農業の本質を改めて考えさせ、持続可能な社会を実現するためのヒントを与えてくれます。
補足
山下さんの言葉は、農業だけに当てはまるものではありません。他の仕事にも、「公」と「私」の二面性があり、「良か仕事」とは両方のバランスを意識しながら取り組むことと言えるでしょう。
参考資料
山下惣一著「百姓が時代を創る」: URL 百姓が時代を創る

シュワッチ

これは、渋沢栄一が表した「論語と算盤」やが問うている「道徳と経済」と同じような考えと言えないでしょうか?

ChatGPT4

はい、その通りです。山下惣一さんの「農」と「業」の考え方は、渋沢栄一の「論語と算盤」や二宮尊徳の「道徳と経済」における思想と共通する要素があります。渋沢栄一は、儒教の教えを現代のビジネス、特に算盤(つまり経済活動)と結びつけることの重要性を説いた人物であり、「論語と算盤」の中で道徳と経済のバランスを取ることを提唱しました。同様に、二宮尊徳は、道徳的な生活を送りながら経済的な繁栄を目指すことの大切さを訴えました。
山下惣一さんの農と業の概念も、個人の利益(経済活動)と共同体の利益(道徳的活動)のバランスを重視しており、それぞれが相補的に機能することで、「良か仕事」が成立すると捉えています。このように、三者ともに、個人の成功と社会への貢献の両方を重視するという日本の伝統的な価値観を反映しています。

はい、その通りだと思います。山下惣一さんの「農」と「業」の考え方は、渋沢栄一の「論語と算盤」や二宮尊徳の「道徳と経済」の思想と共通する点が多いですね。
渋沢栄一の「論語と算盤」は、道徳と経済活動が両立することの重要性を説いています。つまり、道徳的な価値観を持ちながら経済活動を行うことが、社会全体の発展につながるという考え方です。
同様に、二宮尊徳の「道徳と経済」も、道徳と経済が密接に関連していることを強調しています。個人の道徳的な行動が、社会全体の経済的な発展を促すという考えです。
山下さんの「農」と「業」の概念も、これらの思想と重なる部分があります。「農」は公益につながる道徳的な行為であり、「業」は私的な経済活動です。両者が調和することで、初めて「良か仕事」となるのです。
これらの思想家たちは、道徳と経済、公と私の調和の重要性を説いており、社会全体の発展には、個人の道徳的な行動と経済活動のバランスが不可欠であると考えていたと言えます。山下さんの考えは、農業という具体的な分野に焦点を当てていますが、根底にある思想は同じだと言えるでしょう。

Advanced

はい、山下惣一さんの「農」と「業」の考え方は、渋沢栄一の「論語と算盤」や二宮尊徳の「道徳と経済」と共通する部分が多くあります。
共通点
公と私
3人とも、仕事には「公」と「私」の二面性があり、両方のバランスを意識することが重要だと考えています。
渋沢栄一は、「論語と算盤」の中で、利益追求だけではない、「義」や「人情」に基づいた経営の重要性を説いています。
二宮尊徳は、「道徳と経済」の中で、個人の利益だけでなく、地域社会全体の繁栄を目的とした経済活動の重要性を説いています。
持続可能性
3人とも、短期的な利益よりも、長期的な視点に立った持続可能な社会の実現を目指していました。
山下惣一さんは、「農」の側面を重視することで、自然環境や地域社会を守り、持続可能な農業を実現しようとしていました。
渋沢栄一は、「論語と算盤」の中で、企業は社会の一員であり、社会貢献を果たすことで持続的に発展できると考えていました。
二宮尊徳は、「道徳と経済」の中で、自然の恵みに感謝し、未来の世代のために資源を守っていくことの重要性を説いています。
相違点
具体的な実践方法
3人とも共通する理念を持っている一方で、具体的な実践方法はそれぞれ異なります。
山下惣一さんは、自らの農作業を通して、「農」と「業」の調和を実践しました。
渋沢栄一は、多くの企業を立ち上げ、経営を通して社会貢献を果たしました。
二宮尊徳は、農村復興や教育事業などを通して、地域社会の発展に貢献しました。
現代社会への示唆
3人の思想は、現代社会においても大きな示唆を与えてくれます。利益追求だけではない、倫理観に基づいた経済活動の重要性
環境問題や格差問題など、社会課題の解決に向けた取り組み
持続可能な社会を実現するための、個人と社会の協働
結論
山下惣一さんの「農」と「業」の考え方は、渋沢栄一の「論語と算盤」や二宮尊徳の「道徳と経済」と共通する部分が多く、現代社会においても重要な示唆を与えてくれるものです。

今回の比較検証ではGeminiに軍配をあげたいと思います、オレンジのマーカーを引いた部分が他の2つとは違う視点に思えるからです。
農業を農と業に分けた場合農が公で業が私であるとプロンプトを投げたわけですが、この私が豊かにならないと持続可能性性が怪しくなります。
それをGeminiはこの言葉で表現しています。「個人の利益に繋がるが、農業全体の持続可能性を支える基盤となる。
プロンプトに誘導されるだけでなく、ちょっとそこに個人の意見めいたものを差し挟んできている印象を受けます。つまりはオリジナリティーのかけらのようなものが感じられるので今回はジェミニ君かな。
相違点を上げてきてるのもいいですね。

LLM名ChatGpt4
Turbo
Claude3
opus
Gemini
Advanced
スコア334
  • URLをコピーしました!
目次