注目キーワード

私たちの新しい働き方、Coral Work.

The Coral Work
私たちの働き方、コーラルワーク。

テレワーク、なーんかちゃうねん。

私たちの働き方をコーラルワーク(Coral Work. )と呼びたいと思います。

のっけからなんやねん、そんなもん勝手に呼べや、好きにせーやという声があちこちから聞こえてきそうそうですが、まぁ聞いてください。
これには深い深い深い深海まではいかずともそこそこの海の深さ水深50mぐらいの理由はあるのです。

今、私たちがやっている働き方って世間一般的には、「在宅勤務」「テレワーク」「リモートワーク」 と呼ばれるものです。どういった働き方かというと、いわゆる会社に出社せずに働く働き方ですね。在宅だと家、テレワークもそうかな、リモートだと家とは限定せず近くのカフェやシェアオフィスとかも入るようなイメージ。
これらは全て働く場所のことです。そしてリモートと言うとなんとなく時間も会社の時間とは違いフレックスになってるようなそんな感じがします。しかしいずれにしてもこれらの単語は働き方そのものを表現してはいないのです。
ですから、オフィス勤務の代替手段あるいは、延長線上にあるものにしか過ぎないのです。

このことが、昨年の2月ぐらいからテレワークを始め、一年前の7月にテレワークを恒常的な働き方とすると宣言してから、ずっとモヤモヤしていた部分です。この名称で良いのか、私たちは”テレワーク”をしているのか?
自問自答の日々でした。
そして思いついたのが、ゴーストワークって名称でしたけどもこれは深い意味としてはとてもいいんですけど、 聞いた人はあんまり深いところまでは考えてくれないので、やめました。
ゴーストワークって、働くことがお化けであったら一生懸命やってんのになんだか働いてないみたいですもんね。賛同得られそうもないので一旦封印しました。

それでも 新しい名前、自分たちの働き方にふさわしい名前がないかとずっと探し続けていました。

沖縄はサンゴの島、いまさらだけど。

そんな時です。沖縄にいるメンバーと話していた時です。 彼はセールスなので、やはり東京や都会にやってきてバリバリ営業しまくりたいって思いが強いのです。しかし私の思うところは理想かもしれないけども、家族と十分な時間が持てるそんな中で仕事をしていくべきだと考えているので彼のはやる気持ちをいつも抑えていました。

”沖縄ええとこやないか、なんたって周りが一年中泳げる海やろぅ、オレは一度も潜ったたことないけどきっとサンゴ礁の海とか広がってるんやないの?
俺さ、ずいぶんと昔、オーストラリアのグレートバリアリーフってとこ潜ったんやけどもうほんのちょっと潜っただけで目もくらむような美しさやったん覚えてるで。俺たちはさぁ、そーゆーサンゴ礁的な美しさを追求するような働き方していかなあかんのちゃうか?”なんてことを話してたんです。

彼と話した後、あれサンゴショウ、サンゴショウ、珊瑚礁かー。
Wikiしてみると。
沖縄の海は、やはりまさにサンゴ礁の海でした。
世界中の海には600~800種は生息すると考えられていますが、沖縄の海には、その約半数以上がすんでい るのだそうです。
これは、1つの場所としては世界最大であり、国内で見られる約400種類のサンゴのうち380種類以上が沖縄で確認されているようです。
400分の380って……。ほとんどやん。
彼は、日々サンゴ礁に囲まれて仕事をしているとも言えるのです。
そう言えば、彼とWebミーティングしているとき、頭に赤い角を生やした方が彼の近くにいつもいらっしゃるような。目の錯覚かな?

次に、その生態について勉強したとき、より一層興味深いものが見えてきました。
サンゴはあんな見た目でも実は動物なんですよって社内で話すと恐らく半数ぐらいのメンバーが、えっそうなん?って小さい驚きを示すと思います。
イソギンチャクに近いなかまで、プランクトンをつかまえて食べたりするんだよって言うと子どもように目をキラキラ輝かせそうです。
続けて、しかも、サンゴは動物でありながら二酸化炭素を取り込み酸素を吐き出すんだよって言うと、メンバーの残り半数もエーっわししらなんだ、やっぱ社長ってすごいっすねとがらにもなくおべっか使ってくれるかもしれません。
しかし、実は私のサンゴに対する知識はここまででした。

それだけでもなんだかありがたい生き物だなぁと言うことでしたけども、実際にはサンゴはやはり動物なので彼ら自身が酸素を吐き出しているわけではなく、体内で共生する藻類の「褐虫藻(かっちゅうそう)」 って生き物が光合成をおこなっていて、サンゴ自身もそれが作り出した栄養で生きているとか。
なーんだ、酸素出してんのはサンゴじゃなくて 褐虫藻じゃん、サンゴ全然たいしたことないやんと思うかもしれないけども、やはり サンゴはすごいんです。共生してるのは褐虫藻だけなんだけど、サンゴのおかげでその周りに生きている生物がなんと多いことか。

サンゴがいることの意味。

サンゴ礁は全海洋のたった0.2%を占めているに過ぎませんが、海洋生物の1/4~1/3がサンゴ礁に生息すると言われるほどなんです。つまり、サンゴ礁の海っていうのは、生物多様性の豊かな海域だってことですね。

サンゴ礁を見てみると気づきますけど、複雑な形をしてて複雑だけどなんだか雑っぽくて、隙間というか空間がいっぱいありますよね。

”雑で空間がいっぱい、すきまだらけ”

そこで頭抱えているあなた。そうそんなあなたの頭のようなそんな雑な空間をつくりだすサンゴ礁は海の小さな生き物にかっこうの隠れ場所を提供します。
さらにサンゴと共生している褐虫藻は光合成でそれらの小動物や魚類への餌資源となる有機物を生産します。
サンゴ礁に生息する小さな生き物を餌とする大きな魚やエビなどもサンゴ礁に集まるので、多様な生物群集が生まれるってわけです。
雑な頭と違って、雑なサンゴ礁はその存在に大きな意味があるわけです。

サンゴ礁は海の多様な生物の命を育む場として重要な役割を担っているのです。

そればかりか、サンゴ礁は海の生き物だけでなく、わたしたち人間の生活にも恩恵をもたらしています。

世界の海洋魚種の25%が生息するサンゴ礁は漁場として多様な水産物を提供しています、つまり食糧源となっているわけです。
さらに台風の高波を弱めるなどの天然の防波堤としての役割もあります。 大きな台風がやってきた時とか、サンゴ礁がある海はそれほどの被害を受けないとかってらしいです。
さらにさらに、先にあげたオーストラリアのグレートバリアリーフのように美しいサンゴ礁は観光資源となりその豊かな生態系は文化・環境教育の場にもなっています。

ここまで話すとメンバー達の小さなえっも、えーーーサンゴ凄いと変わっていることでしょう。
ほとんど雰囲気的には中学校の理科の授業です。

そして、ここからは社会の授業。

今、世界中で、海水温の上昇が原因と思われるサンゴの大規模な白化現象が起きています。
サンゴは年間を通じて平均水温が18℃以上の暖かい海に生息しているわけですが、サンゴは海水温が上昇したりすると褐虫藻が抜けてしまい白化してしまいます。褐虫藻は暑さに弱いのでサンゴを置いて出て行っちゃうんですね。そうすると共生することによって生きていたサンゴはたちまち窮してしまいます。こうした状態が短期間だとある程度は回復しますが、長く続くとサンゴは死んでしまいます。

サンゴはその存在が生態系に多様性をもたらし、自然環境を豊かにしているのに、自らもまた共生によってつまり多様性によって生きている存在なんですね。

そんなことから、出ましたSDGs!
社会人なら今からでも遅くない知っとけSDGs。中身は分からなくても名前だけは知っているぞSDGs。

全部で 17の私たちが解決しないなければならない問題、向き合わなければならない問題が掲げられていますがその中の第14番目「目標14 海の豊かさを守ろう」 がありますね。
サンゴ礁という海の資源からこの第14番目の課題に取り組んでいるプロジェクトが沖縄を中心に進んでいるようです。サンゴは、今から私たちが守るべき豊かさや美しさの象徴であり、 そのための多様性を考えさせてくれる存在だと言えるでしょう。

サンゴから見たテレワのメリット・デメリット

さて、ここで、コロナをキッカケとして政府が推進しているのになかなかその目標値は達成できていないテレワークと従来の会社出勤の違いについて考えてみましょう。

散々論じられているところですが、テレワのメリット、デメリット的なところでいうと、

先ずは、テレワの良いところ。

働いている人は可処分時間が増える。
人によっては往復2時間、3時間なんていう通勤時間がなくなるわけですから自分の時間を多く持てることはまちがいありません。これ最大のメリットでしょう。
会社は固定費が下がる。
通勤がなくなるわけですから、多くの企業では手当てとして出している通勤費はなくなりますし、事務所費等の固定費は当然のようになくなるか下がります。
環境負荷が下がる。
通勤のさいの電車、車、オフィス内移動のエレベーター、社内の空調、照明。これらの資源エネルギー使用量は下がります。
このように、働いている人、会社、地球環境という3者はそれぞれに多大の利益を享受できるのです。

そして、人流の抑制。
新型コロナの今の時期だけとも言えますが、今はここが最も大きいとも言えます。

もう一度、会社と働く人との関係だけを見ていくと、いわゆる労働生産性が上がるはずです。

通勤時間、時には上司との飲みなどの付き合いも会社における拘束時間と考えるならば、テレワにおいてはこれは確実に減少するので、従来よりも少ない時間とエネルギーで同様の価値を生みだすことができたら、これはそれだけで労働生産性が上がったと言えます。
この労働生産性はOECD先進七ヶ国中、日本は万年最下位に甘んじてるとかっていうやつです。
日本人は働き過ぎ、働いている割に価値を産んでいないと揶揄され続けてます。見返しましょうよ、この評価。

一方、デメリットと言われるのは、
労務管理の難しさ。
つまり、働いているかどうか分からないってやつです。そりゃー、分からんでしょうね。
しかしです。そもそもがたとえ出社していたとしても、8時間机に座っていたとしても働いてるのかどうかなんてその人の頭の中を覗くわけにもいかないのでわからないわけです。

続く……。