「サマータイム」タグアーカイブ

Dai暦25年

ピンクッション(Pincushion):花言葉は、いつでも、どこでも成功を。
なんとも25期にふさわしい花言葉ですね。そしてその花言葉の由来は、この花の見た目。おしべが空に向かって一斉に勢いよく伸びている様からつけられたようです。人にも花にも勢いっていうかそういうのが大事で、それが成功を予感させるんでしょうね。

Dai暦25年

当社の会社設立は平成6年9月1日ですから、会社としては第25期目に突入し、満24周年を迎えたことになり、来年はいよいよ満25周年です。すごいなって自分でも感心します。約1/4世紀ですよ。

昨日のアサカイで、満25周年の挨拶をアサカイリーダーから求められた僕は、慌ててしまいました。なぜって何も用意していなかったし、25周年と言われて、あれ?そうだっけみたいな感じでした。

ま、それなりにグダグダした話しをしたのですが、もしも期待していてくれた人がいてたら済みませんでした。

そして、このアサカイとも関係しますが、アサカイの冒頭にリーダーが指名した方がその日の年月日と共に一声、おはようございます!って話します。そして、それに続けて他の人も声を合わせます。

今日で言うとこんな感じです。

”2018年9月5日、アサカイ始めます、皆さんおはようございます!”

”お早うございます!”

アサカイでは西暦で言う方が大半です。というか全員が西暦です。何でだろう、和暦、元号は嫌なのかな。9月5日って言っている月日の部分は他に言い方はないのですが、その前に付ける年号は何だって良いはず。

僕があいさつするときには、今年であれば、昭和93年**月**日とか、明治150年**月**日って言い方をします。

昭和93年って言い方をする理由はご存じの方も多いと思いますが、営業に行ったときとかに、相手の生年月日の話題になったときとかに、昭和世代ってことはまだまだ多いですから、その方が昭和50年って言ったら、93-50=43歳ってすぐに分かるわけですね。そういう便利な意味も込めて昭和93年って挨拶したりします。

明治150年**月**日ってのは、一つの区切りでしょ。

それと同時に何だって良いはずというのがあります。別に年号は西暦で言わなければならないと決めているわけでもなんでもないです。キリスト教しか認めていないわけでもなんでもないです。

タイ国のように、あそこは仏歴ですから、お釈迦さんがなくなってから何年というのが年号になっていると思います。キリストが生まれてから何年という西暦とは逆になってるところが面白いですよね。

他にも、イスラーム暦やユダヤ暦だってあるはず。

決めてもいないのにどうしてみんな決まった言い方をするんだろう。

ただ、今度平成が終わって新しい元号が始まった時には、省庁とかは西暦に統一するらしいですね。ま、それは合理性という意味で良いとは思います。コンピュータと年号って、今度のオリンピックに関係してのサマータイム導入云々でも大きく問題になってますし、難しいですよね。

そんなこんなで、自社の設立記念日に元号とか年号とか考えて思ったの。

今の社会の暦って、宗教的人物、開祖の生まれた年、死んだ年とか、統治者が統治した時代とかが中心になっているのだけど、だったら、だったら、もっとエゴイスティックに設立暦で良いのではないの?

”Dai暦25年9月5日、アサカイ始めます、皆さんおはようございます!”

あくまで洒落ですからね。

株式会社Dai 代表取締役 木脇和政

嵐山渡月橋、台風21号の爪痕です。毎朝チャリンコでこの橋の上を通るわけですが、今朝は欄干がなぎ倒されていました。増水はそこまでなかったので、これは風による力。割と水や風を逃がす構造になっているはずなのにこんなになってしまってます。人や車がこの上を通っていたら軽くとばされていたのでしょうね。
毎年、毎年、この渡月橋が自然の力に倒される頻度が高くなっていっているように思います。