注目キーワード

龍馬とフランチャイズ

龍馬
龍馬とおりょうと三条商店街

作家の司馬遼太郎が坂本龍馬は、武士と言うよりも商人に近かったのではないかと何かに書いていた。
龍馬の演出した大政奉還や薩長同盟はおよそ武士の感覚では実現できないというのだ。
龍馬の根底にあるのは人と人とをつなぐコミュニケーターの役割であり、それは武士的資質ではないとのこと。
彼が起こした亀山社中後の海援隊は、商社的なものと言われているし。

もしも龍馬が今の日本に生まれてたらきっとフランチャイズ業界で大暴れしてるんじゃないかとか思いながら会社帰りに三条商店街を歩いていると、あれ、龍馬とおりょうさんやん。