2022年1月、Blogタイトルを”三智に学ぶ”から”コーラルワークにしました。” ボタン

新聞からノイズを学びましょう。

新聞はスマホで読む時代。紙の新聞なんて手にしたこともないという若者が増えている。
便利だけど、自分に都合の良いニュースだけがやってくる 事は良いことなのか。
無意識に読みたくない記事は避けていき、結果的に自分に興味のある記事だけがやってくる、それでいいのか?

今日から私たちの会社の第29期が始まります。もう来年で30期です、ここまで来ました!
新しい期の始まりだからというわけでもないんですけども、今日からはの方に新聞の記事を1つ毎朝ピックアップして話してもらうことにしました。

私たちの会社では全メンバーに日本経済新聞のアカウントを配布しているので社員はいつでも日本経済新聞を読むことができます。 なぜ新聞なのかなぜ日経なのかを2冊の本を使って次のような説明をさせてもらいました。


1冊は池上彰さんの「新聞の読み方」。祥伝社から出ています。もう1冊は「とりあえず日経新聞が読める本」ディスカバートゥエンティーワンというところです 。作者の山本博之さんは失礼ながら、池上さんほど有名ではないので簡単に著者のプロフィールをご説明すると早稲田大学商学部卒業後、野村証券に入社、それから今は大阪経済大学大学院の非常勤講師をやられているようですね。専門分野が管理であったり経営学なので 池上さんとは違って、池上さんは生粋のジャーナリストだけどこの方はまぁ金融の専門家といったところでしょうか。
これらの本は全く読んでいただく必要はありません、ただアサカイで新聞記事をピックアップすることになったのでその理由を話したくて紹介させてもらってます。


池上さんの本はおそらく高校の1年生2年生ぐらいで社会の時間にその教員に興味があれば、生徒が大学に入ってからのことを考えて勧めたりするような本ですね。あるいは新聞部の顧問の先生だったら、まぁ間違いなくにしてるでしょうね。
次に山本さんのこの本は、もうこれは用ですわ。大学3年生4年生になってそれまで新聞も読んだことのないような学生に、就活がうまくいくようにアスしてるようなそんな本です。だから、これを読んでほしいってわけじゃないんです 。
著者のお二人には申し訳ないですが、こちらの本を読む時間があれば目の前の新聞読んだほうが良いです。

仕事を一生懸命すればするほど、に専念すればするほどは見えなくなってしまう。

ちょうどわかりやすい文言がありました。さすが池上さんです。「新聞の読み方」の37ページに書かれていること、写真のここです。“新聞の魅力は何でしょう? 私は「ノイズ」だと思います。”
ここですね。

普段から思うんです。僕たちはITの業界にいてますね、ITって何をするって表面的にはですよ、表面的には社会にとって便利なことを実現することでしょ。
合理的なね無駄がなくて便利なことを実現すること。
でもそれって便利であればあるほど両手の平からこぼれ落ちてることがいっぱいあるんですよ。
業務は合理的である必要があるけども、自らの生き方までもが合理的になってしまう合理性のワナ、合成の誤謬にはまってはいけません。


無駄なことをがんばってやっていかないと、そんな人間はやがては不要な人間になっていくと思います。合理性ではにかないませんからね。ということで、ノイズを楽しむためにも新聞は原則的にビューアーで読み紹介するようにしてくださいね。では、(アサカイリーダー)さん大変だけど明日からもヨロシクね。

  • URLをコピーしました!

Comment

コメントする

目次