スパシーバ!

入り口側の棚の上にはロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージ。
さらに、その右下には、チームカラーの青色の折り鶴を残してスタジアムを後にした日本代表。

ワールドカップ終わりましたね。やはり、興奮したし、面白かった。そして色々あったけれど、2018年のワールドカップで一番心に残ったのはなんだろうって、これだな。

スパシーバ。

This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94′ minute. Thanked their fans in the stadium, cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media. Even left note with ‘thank you’ in Russian. What an example for all teams!! Privilege to work with!

Priscilla Janssens (@priscillaboca) 2018年7月2日

「こちらはベルギー戦で94分間の戦いに敗れた後の、日本代表のロッカールームです。彼らはスタジアムのファンに感謝した後、ベンチとロッカールームを全て掃除して、取材対応までした。そしてロシア語で「ありがとう」と書いたメモまで残した。全てのチームの誇りであり、一緒に仕事ができたことを誇りに思う」

2 thoughts on “スパシーバ!

  1. 本当に日本の誇りですね。
    こんなもの見せられると日本代表を好きになるしか
    ありません。
    見習うべき部分しかないし、代表として国に恥をかかせない姿かっこよすぎます。

    同じ日本人として気が引き締まります。

  2. まだまだ新入社員Sさんこんにちは。

    本当だね。
    こういうのって、スタンドでの日本人観客のゴミ拾いにしてもそうだけど、世界共通なんだよね。みんなが賞賛してくれる。
    だったら、お前らもやれよと思うけど、どうもそうはならない。
    たまたまこれはツウィートされて拡散されたけど、そうでないのは当たり前のように一杯あるんじゃないかな。
    そして、それらが50年後100年後の日本を作っていくし、国の枠も容易に越えて広がっていくのだと思います。

    株式会社Dai 代表取締役 木脇和政

コメント