疲れてなんかいません。

今日は遠目の一枚です。
かすみ草、ピンポンマム、ヒベリカム

今朝の朝礼(あされい)で、「お疲れさま」っていう挨拶やめませんかって皆さんに話しました。

何の気なしに使っているこの言葉は前から気になってました。うちはITの企業なので他の業種に比べると
時間帯にはあまりとらわれないで業務をしています。

例えば、朝遅くに起きて顔を洗って飯を食って、やおらPCを開いた時に、社員さんから、「お疲れさまです…。」とか
ってメールがあると、何だか一日が憂鬱になりそうなんです。「私、疲れてないんですよ。とても美味しい朝ご飯だったし、
充実してますし…。」と思ってしまう。
メールはまだ良いんですが、これが電話だったりすると、余計に滅入ります。

難しいんですけどね、相手に悪気はもちろんありませんし、日本国中で通じるねぎらいの言葉だし。

とか何とか考えてたら、昨日の日経に、お疲れさまで始まるメールは若者に多いと書かれてました。
長い不況の影響もあるのではと考察されていました。

宜(むべ)なるかなです。今朝のトップ記事「日本の総人口最大の25.9万人減 日本経済に一段の重荷」 とかって出てました。

暗い、実に暗い。お疲れさまと呟きたくもなるわけです。

だけど、だからこそではないのかなー。

日本には言霊信仰とかあるわけで、疲れるなんて言ってたら、ますます疲れてしまいます。

俺、とにかく疲れてなんかいないし。

3 thoughts on “疲れてなんかいません。

  1. 「お疲れ様です」という言葉は、いつのまにか
    日本に染み付いた言葉だと思います。
    そしていつの間にかその言葉に疑問を持たずに
    使うようになってしまった言葉ですね。
    そんな風に、その言葉を覚えた時は疑問を持っていたかも
    しれないのに、当たり前に使うようになってしまった言葉が
    他にもたくさんあるような気がします。
    もうちょっと言葉に気がけて日本語を使っていきたいです。

コメント