フランチャイズは文化を運ぶもの?

或る日、或る社員が、こんなことを言った。

きのわきさん、フランチャイズって文化運ぶものじゃないでしょうか、と。

確かに、一昔前はそうであったと言えるんじゃないかな。例えば、マクドナルドやケンタッキーなんてのは、その頃の日本人にとっては、アメリカ文化の香り漂う食べ物だったし、ダスキンのお掃除サービスは、掃除を人に頼むなんて、なんて格好いいんだろうって、多くの日本人が無邪気な反射をしたもんだよね。

でも、ところ変わって、現代においてはそうなのかな。これだけ情報が発達してしまってるし、文化を運ぶほどの衝撃性をもって来日するフランチャイズはないのじゃないか。
フランスでは、フランチャイズは文化壊すものだと捉えられ、
チェーン展開には法的に可なりの抑制がかかります。
僕は、フランチャイズは固有の文化鍛え育ててくれるものだと
考えています。
なぜなら、フランチャイズは社会効率化し、人々の生活向上させ
その結果として、人々に文化的享受もたらすからです。
しかしながら、これには一方の側面があり、二宮尊徳が説くように、
「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」
ように、道徳無きフランチャイズは一瞬にして暴力になりうると思います。
と、こんなこと昔のブログに書いたけど違ったかな。
良くも悪くもフランチャイズは貧者の最強の武器

例えば、インスタント食品ってあるじゃない。あれは健康の大敵みたいに取られ方するけど、カップヌードルとかすごいって思うの。ヲークマンとカップヌードルによって僕らの文化を変えた。あれも作る時間を簡便化し、僕らに利便性をもたらした。だけど、世の中が全部インスタントになるかというとそうはならない。フランチャイズもそう。そこには文化のせめぎ合いが必ず存在する。そして物を作るものに対して信頼性が求められるように、フランチャイズにも信頼性やそれを支えるための公開性が求められる。

コメント