チェーンが切れた瞬間

この駅に降りたら、この店に行こうと決めていました。
カレーのチェーンです。
ドミナント展開をしており、その駅を中心に3,4店舗が徒歩20分圏内に立地しています。
初めての店なので、場所を教えてもらおうと電話したのですが、コールをしても誰も出ません。仕方がないので別の近くの店に電話を入れましたが、ここも誰も出ません。次も同様でした。
そこで、ハタと思いつきました。
降り立った駅は都心のターミナル、オフィス街です。そして今日は日曜日。きっとそのせいで閉店しているのだと推測しました。
しかし、胃と舌はカレーモードです。地図で調べてオフィス街から離れている別のチェーンに電話してみました。ここなら一駅ですから、それほど遠くありません。
コールすると直ぐにお店の方が出ましたから、ここはやっていることが分かり一安心です。
ついでに、電話がつながらなかったお店のことも聞いてみました。オフィス街だから、休日はお休みなのでしょうか?と。
その返答は信じられないものでした。
「関係ないから、知らない。」です。
フランチャイズチェーン、そのチェーンの鎖がぶっつり切れた瞬間です。
SVはいったい何をしてるんだ、本部の指導はどうなってるんだ。
そもそもあなたは何故フランチャイズに加盟したんだ!
そう叫ばずにはいられませんでした。

コメント