注目キーワード

給与と報酬びみょうに違う、いや全然違うし。

報酬
旦那ー、算盤ばっかりはじいてないでさ、一杯働いたんだし、報酬おくれよー。
うーん、うちもね最近は景気悪くってさ、それに、お前は最近休んでばかりだし、渡した金は酒とバクチに使っちゃうしさ、ろくでもない生活じゃないのかい。
私たち近江商人は、世間良し、相手良し、そして自分良しの三方良しでやってるんだからね、お前ももう少し真面目にやってもらわなきゃ世間様に申し訳が立たないってもんさ。お前がもうちーっとばっかし世間のことを考えて働いてくれたら報酬もはずむっていうもんさ。
*なぜか江戸弁です。近江弁が分からないというよりもこういう会話はなぜか江戸っ子になってしまう。
五箇荘、近江商人資料館にて。

先日、顧問の税理士さんと給与の話をしていました。 会社の支出において人件費って大きいですからね給与の話はよくします。

もう一つ給与と似たようなもので報酬ってのもありますね。

一般的に一般的にっていうか法律的になのかな、「雇用関係にある人間に対して支払われるものは給与」。 つまり、労働の対価として支払われるものが給与。それに対して報酬は役員報酬と言われるように、労働の対価ではないんですね。何らかの契約、この場合には委任契約としての「任用契約」 というあまり聞きなれない契約のもとに支払われるのが報酬なんだそうです。

なんだそうですっていうくらい実感としてないです。ただ報酬という言葉は日常でもよく使われる単語ですね、日常性で言ったら給与なんて単語は精々月に一度ですが、それよりも絶対に使われているでしょう。ぱっと思いつくのは思い浮かべるのは報酬系なんていう単語じゃないでしょうか。ネズミが報酬系

に刺激を与えられると狂ったように走り続けるっていうアレです。

で、何を言いたいかっていうと確かに従業員に対しては労働の対価として給与があるわけですけども、じゃぁ報酬がないのかっていうと法律は抜きにして言うとあるんじゃないかなってのを税理士さんと話していてふと思ったわけです。

何かっていうと例えばですけど、 給与はそれほどではなく世間並みであっても、働いてる環境がとても素晴らしくて残業とかほとんどなくて、休みもたっぷりあって、オフィスは広々としてて、清潔で、そしてなんといっても一緒に成長しあえる仲間が近くにいる こんな職場環境ってすごい報酬なんじゃないかと思うわけです。

一方で給与は水準よりも良かったとしても、連日の残業、会社の中はハラスメントだらけ、モラルなんて一体どこにあるのやら、みんな勝手にてんでバラバラで仕事しているこんな職場環境って報酬も何もあったもんじゃないのではとおもうわけです。

「報酬」

会社は考えなきゃいけないと思います。給料はもちろんのことだけども報酬をいかにふくよかなものにしていくか、ここ考えなきゃいけないと思います。