Family Birthday Holiday.略してF.B.H。

Family Birthday Holiday.略してF.B.H。
と、こんなのがあるのかどうか知りませんが、家族誕生日休暇という意味で書いてみました。

弊社では今月からこのF.B.Hを始めたのです。
本人の誕生日とその本人の家族の誕生日は休暇とするという社内制度です。

休みって多い方が良いよね、っていう思いがずっとあったのですが、闇雲に休みを増やすのは計画性がなくってどうもいけません。
で、社員の誕生日を休暇にしてもらったらどうだろうというのをふと思いつきました。
そして、少し調べてみたところ、この誕生日休暇というのは導入していらっしゃる企業もあるのが分かりました。

従業員の方の希望としても多いというのが分かりました。

で、またまた考えたわけですが、自分を振り返ってみると、休みたいのは自分の誕生日にではないよなとも思ったのです。実際に休みたいのは自分の家族の誕生日にです。妻や夫の誕生日であったり、こどもの誕生日に休みたいのではないのだろうか、と。

ということで、家族誕生日休暇という制度を設けました。

弊社のような企業は、ただ会社にいて業務をこなしていれば業績が伸びるわけではありません。むしろそれを続けると個人は会社のことは分かっても社会のことや家族のことが分からなくなってしまい、長い目で見た場合には衰退に向かうことでしょう。そんな状態では会社の存在理由さえ危なくなってしまいます。それよりも、個人がその才能を伸ばし、人生をエンジョイすることで、それが業績に跳ね返ってきます。あくまで個人が主であり会社が従でなければなりません。そのバランスは難しいですし、社会状況などによっても変化するものでしょうが、一歩前進するために導入しました。一年後の弊社の姿をお楽しみに。

竹酔月。調べてみると9月の別名のようです。中秋の名月という言葉もありますが、この季節は月を愛でるものらしく、竹林で月を愛でながら酒を酌み交わし酔ったようになる季節を表しているようです。美味そうだな-。その時には皆さん伏見のお酒を上燗でいただきましょうね。

コメント