神様になった気分、神様と一緒にいる気分。

知り合いが高層マンションに住むことになったと昨日聞いた。

高層マンション。
そう言えば、昔は憧れた。

摩天楼から見下ろす景色は自分を舞台の主人公の気持ちにさせてくれるし、朝日が昇り、曇った日に雲海でも下に広がろうものなら、まるで神様にでもなったような気分で天界から、地上界を見下ろしていた。

でも、最近はどうもそういう気分にならない。いくら見える視点を変えても、高度を高くもっていっても気分は高揚しない。

最近は、近場の山に登ることが多い。

同じ視点の変化だけど、同じ見下ろす雲海だけど、こちらは気分が落ち着く。

神様になった気分ではなく、神様が隣にいるような気分になる。

こっちの方が良い。

きのわき

 

コメント