社員旅行を通じて会社を考えてみた。

奄美の森。
彼らは何を見ているんだろうか。

長い間下書き状態になっていました。もうその社員旅行も先日終わってしまいましたが、言っていることは変わらないと思うので投稿します。社員からの質問に対する回答です。

今晩は、皆さんへ。

どうして、社員旅行において、その社員の家族の分まで会社が負担するのかについて、疑問をもらっていたので説明します。

答え)
シンプルに家族の支えがあればこそ社員は良い仕事ができていると考えるからです。支えというのは少し違うかもしれません、お互いに自立した存在と考えるならば、その存在によって良い仕事ができると考えているからです。

ただ、いずれにしても少し時代がかった考えだなと自分でも思います。

ただ、僕は、そう考えるので、社員旅行の時には一緒に来ていただいて、その労をねぎらいたいし、一緒に美しい風景見て、美味しいご飯食べたいし、美味しい酒を呑みたいと思います。
それらのために旅費の負担があったら参加は難しいと考えるので、会社で旅費は
負担するという考え方です。

もうこれに尽きます。
だからここで説明は終わっても良いのだけど、もう少し続けます。

そして、今の当社で見ると、時間の流れでそうなるわけですけど、家族を持っている方、世帯人数の多い方というのは、当社に長年在籍し、貢献してくださった方ばかりです。
彼等を優遇することは理論的にも情感的にも当然ではないかと考えます。

次に、では、そういった家族のいる社員といない社員の間に不公平が存在するのではないかという疑問について答えます。

この瞬間にだけフォーカスするとその通りです。
ザッツライト!であります。

しかし、時間のスケールをもっと長くして見てください。
やがては今は独身の方も愛する方と巡り会い、幸せな家庭を持ち、可愛らしい子どもが誕生するかもしれません。(こういう言葉を口にする人間には世代を感じるでしょうねー。)
今よりも未来は不確定だけどなにがしかの未来があるのは確かです

私は、この株式会社Daiに入社された方は、当然のことですが、できるだけ長く働いてほしいし、活躍してほしいし、できれば退職までいてくれて、ひとり一人の幸福を追求するとともに会社を発展させ、社会に貢献してほしいと考えています。

ですから、これは順番だと思っています。
社員旅行は、未来に一直線に伸びていく流れの中の一コマです。

企業の最終目標は社会に貢献することです。
これに異論のある人ははないと思います。
企業はその前段階として、目の前に顧客を創造し、彼等の満足度を上げることで
収益を伸ばし、社員に還元しながら、規模の拡大をはかっています。

先日、**君が、会社とはなんぞや、会社は何のために存在していると思いますかというミーティングの席で、”家族こそが社会そのものではないか、だから家族のために働くことは社会のために働くのとイコールじゃないですか”と発言してくれましたが、正にその通りなんです。
その家族に還元していくことは、社会への貢献に繋がっていくという考えなのです。
めちゃめちゃ身近で、しかも確実なCSRなんです。

高校生の修学旅行みたいで、なんか良いな。

そして、これは当社が実施している教育手当も内容的には同じものです。
子どものいる家庭には自動的に手当が支給されています。
これも不公平と感じるでしょうか。

こういった施策が全くないいわゆる建前上実力主義の会社も存在していることは
知っています。

ただ、「当社はそういう会社ではない」ということです。

電車の中でぐずってる赤ん坊の声に不機嫌な顔をする人がいますが、私はどんなにきかん気な声で泣いてる声でも赤ん坊の声は大好きです。
あれは未来からの呼びかけですからね。

こんな会社なんです。
幸か不幸か、きっと幸だと願いますが、
あなたがたはそういった会社の社員として働いてくださってます。

答えになっているでしょうか。

カニなのか砂なのか。だけど子どもたちはすぐに見つけ出す。

ありがとうございます。

株式会社Dai 代表取締役 木脇和政

4 thoughts on “社員旅行を通じて会社を考えてみた。

  1. 未来からの呼びかけ、まさにそれです。電車やバスで泣いているあかちゃんを必死であやしているけど泣き止まないとき。「大丈夫ですよ。」の一言でお母さんは安心すると思います。私もそうでした。助けてもらった人は忘れません。私もそういう人間になりたい。一日一善!

  2. 本記事で話題にされている社員旅行でなくとも、家族のいらっしゃる方には「家族手当」が出ますよね。「お子さんを育てている」というのはすごい社会貢献だと思います。私自身は独身ですが、やはり未来を担う子たちを育てている方のために「家族手当」は出てしかるべきだと思います。自分より未来に責任をもっている、といいますか…。「独身の私よりそりゃ優遇されたほうがいい!」みたいな感覚があります。

  3. こんにちは、まろんさん。
    コメントありがとうございます。
    「家族手当」、正確に言うと当社では「教育手当」と呼んでいます。この呼び方にはこだわります。あくまで子どもに対してです。なぜかというと子どもは社会が育てるものであると考えるからです。もしも家庭で育てるものであるとすると「家族手当」がふさわしいかもしれませんが、こどもは社会全体の宝物であると考えています。

    子どもって普通に家庭の中に存在しますよね、そういう意味では社会の宝の意識は持ちにくいです。

    でもね、有名な、あの歌、
    万葉集に収められている歌で、
    銀(しろかね)も金(くがね)も玉も何せむに勝(まさ)れる宝子に及(し)かめやも
    というのがありますね、詠み人、山上憶良の子煩悩ぶりがダイレクトに伝わってきます。
    こんな分かりやすい、しかも今で言うイクメン君の心情を綴ったようなんをよう編集者の一人であるとされる大伴家持は選んだなと思うのです。
    で、これはきっとヤカモチも子どもって社会の宝とちゃうかという意識があったから選らんだんやないかなって思う、夢想に近いですが、思うわけです。

    で、そうか考えると当社が「教育手当」と呼び、そもそも教育手当を設けている理由がお分かりいただけると思います。
    でなければ、教育手当って子どもがいない家庭や、まろんさんのように独身者にとっては差別的規則ともとられかねないですよね。

    だけど、子どもは社会の宝なんだって考えれば、会社は社会の公器なわけですから、理屈は通るわけですね。

    カニ可愛いよね、もうちょっと大きければ揚げると良い酒のつまみだなとか思ってしまいますが、子どもの前ではNGですね。

    きのわき

コメント