熟年離婚

熟年離婚が増えています。
いわゆる団塊の世代が熟年になってきたため絶対数が増えてきたというのも一因です。
しかし最も大きな原因は2007年4月から、離婚時に年金を分割できるようになったことでしょう。
それまでは離婚したくても出来なかった妻の側からの要求 が容易になったということです。離婚したくても夫が金を握っていたから難しかったのが、少なくともこの制度のおかげで障壁が取り除かれ前に進みやすくなり ました。
フランチャイズは、本部の意向として結婚していることなどを重要視しているところがあります。なぜかというフランチャイズはスモールビジネス的なものが多く、たとえばコンビニなどは24時間営業ということもあり、夫婦で働くことが前提となっていたりするからです。本部が加盟希望者を面接したりする場合、加盟条件というところまではいかずともフランチャイズ本部は加盟希望者の夫婦仲の良さなども見ていることが多いようです。
長年の経験から、夫婦仲が良くないとビジネスとしてもうまくいかないことを本部は経験上知っているのでしょう。
さて、そんな中、熟年離婚が増えています。これは数字だけでなく女性の自立を社会が支援していることの証左のように思えます。夫婦円満を対象としたビジネスモデルも少し変化してくるのでしょうか。