廃炉予定は灰色

エレベータ横の花瓶には、シンピジューム、カーネーションが活けられました。両方ピンク色なんだけど、白みがかったピンクなので、季節感としての冬をイメージさせますね。そして、クリスマスかな。

しかし、今日発表された福島原発の廃炉予定は年数でいうと40年後だとか。40年なんて…。

何とも実感を伴わない数字です。
今の人類が持てる科学技術ではきっと何ともならないんでしょうね。20年後、30年後には溶け落ちた核燃料に近づくことが
できるんじゃないかな、そんな技術を人類は手にしてるんじゃないかなっていう風に期待を込めた予定なんでしょうね。

未来ははっきりしない。目の前のカーネーションのようには鮮やかに見通せない。廃炉は灰色だなー。

コメント