人生に答えはないけど、ヒントはいっぱい転がってるよ。

オクラ、ストレチア、ケイトウ、オンシジューム

採用の面接をしていて、思わず口を突いて出てきた言葉でした。

仕方が無いけれど、
彼らは、間違ってはいけない、正しい答えを出さなければならない、
知識不足への恐怖感、経験不足への切迫感をもって面接に臨まれます。

そのために、心にもないことば、全くないとは言わないけれど、”一生懸命頑張ります”とか、
”私の良いところは、最後まで諦めずに頑張り抜くことです”とか、本人以外は、いや本人すら
証明することのできない、空虚な言葉が場を覆うことがしばしばです。

そんなこと答えなくて良いのに、必死で頑張って答えようとされる。

答えなくてはいけないという、そんな場の雰囲気を作ってしまっているのだとしたら、
当方にも非があるわけですが、それは極力消しているつもりです。

なのに、答えを出そうとされる。

人生の結末は誰にも分からない。だけど、向上一路その目的に向かって歩む
プロセスに意味がある。その課程で答えは見つからないけれど、ヒントは色んな
人が与えてくれるし、努力していれば導いてくれる人も現れる。

だけど、彼らはスタート台に立ったばかりなので、そこが分からない。

”人生に答えはないけど、ヒントはいっぱい転がってるよ。”って、分かったような言い方で、偉そうな物言いなんだけど、本当にそう思うんだよなー。

コメント