一人でエレベーターを使って罪悪感はないですか。

P1030510blog

僕は、一人の時にはエレベーターは利用しません。うちはビルの5Fにオフィスがありますから、階段で十分に用が足ります。たった60kg(最近はちょっとオーバー気味)の体重を上下させるのに膨大な電力を使うことの罪悪感を僕は持ちます。電力はもっと困った人が使うべきです。

電力そのものは蓄積することはできませんが、消費を抑えることで化石燃料を次世代に残し、原発の必要性を最小限にとどめることができます。

たったエレベータのことで何と大げさなと思われる向きが大多数でしょうが、この意識は全ての人の行動に働きかけるものですから、些末な事とは思えません。

僕も、荷物を持っていたり、たまたまエレベータの前にいたら多くの人が待っていたりしたら、便乗して乗ることもあります。公共の場では利便性が高いので使います。

しかし、毎日のルーチンである1Fから5F、5Fから1Fへの移動になど使いません。

エレベータを一人で待っている人を後ろで観察することがあります。大抵の人はスマホをいじったり、階数を示すランプを眺めて到着までの時間を待っています。

僕は言いたいです。その間に、横の階段使ったら目的の階には直ぐに着きますよ。数秒も変わりませんと。何も意識せずにエレベータの前で無為に時間を過ごすのは止めませんか、と。

うちの会社では、少し前まで近所のフィットネスクラブと契約していましたので社員はいつでも自由に利用することができました。フィットネスを利用する社員は昼休みを30分延長することができる施策も実施しましたが利用が増えないので、現在は休止しています。

そのフィットネスに行っている、或いは行こうとしている方が階段を使わずエレベータにのほほんと乗っている姿を目撃したりすると、情けなくなってきます。現代文明の矛盾、危うさを感じます。

と、全然偉くも無いのに偉そうなことを書いてきました。言っていることは正しいと思いますが、偉そうです。黙ってやれだと思います。

と、ここまで感情のままに書いてきて、注釈を付けねばならないと気付きました。これはあくまで私の個人的な考えであり、会社の経営とは何も関係ありませんと。

 

コメント