フランチャイズショー2007 会場リポート

日本経済新聞社主催のフランチャイズショー2007が3/6-3/8にかけて東京ビッグサイトで行われた。この日経主催のショーは、その規模や出展者数から日本最大のフランチャイズショーと言っても良いだろう。ショーというだけあって実用的なビジネスマッチングの場というよりも一種お祭り的雰囲気が漂うのがこのフランチャイズショーの特徴だ。そして、今回のショーに限って言えばますますショーは華やかになり、各出展者もそれぞれのブースを飾り付け個性を競いあっていたという印象だ。

さて、実際の入場者数はどうだったのだろうか。主催者の日本経済新聞社 文化事業局事務局に尋ねたところ、初日が8086人、二日目が10863 人、三日目が12601人の合計で31550人ということだった。事前の目標値が35000人だったので目標にはちょっと届かなかったということか。

この点について主催者に聞いてみたが、「初日の天候や数字の伸びなどを考えると、目標には届かなかったが感触としてはまずまずだったのではないで しょうか」との答えが返ってきた。しかし、決して満足のいく数字ではないとのこと。一部の本部からはマンネリ化も指摘されていると、正直な気持ちも語って くれた。そして、もう一つ。これは会場でセミナー講師として講演を行っていたコンサルタントの先生から聞いたことだが、会場がもう一つ盛り上がらないのは、インターネットの影響も考えられますとのことだった。記者にはその答えがすぐには浮かばす、改めて質問してみた。「来場者は、あらかじめネットで自分の興味のあるチェーンを調べてるんです。そして会場に来たら、その本部のブースだけを覗いて帰ってしまう。以前 のように会場をブラブラして、何か面白いビジネスはないかなと歩き回る人が減ったんですよ。だからどうしても会場が閑散とした雰囲気になってしまうんじゃ ないでしょうか」。ということだった。なるほど、こんなところにもネットの影響が出ているのかと妙に感心してしまった。確かに、電機製品なども今ではあらかじめネットで値段は調べておき、実際の品物を確認するためにだけ家電店を訪れる人が増えてきているという。

これのフェアー版ということか。自分の興味のあるチェーンの本部はどんなブースを出しているのか、担当者はどんな人なのか、こればかりは実際に会場を訪れ自分の肌で感じる必要があ るのだろう。しかし、それが済んだらさっと会場を後にする。きわめて合理的な行動だが、これを可能にしたのもネットだとすると今後もこの傾向は続くのだろ うか。FC編集部では今回30以上のブースを回り、ビデオ取材を敢行した。限られた時間ということもあり一つのブースにそう時間をかけることができなかったのは残念だが、撮り終わったテープを確認すると十分に会場の雰囲気は伝わってきた。もう間もなく編集も終わり、アップロードもできそうだ。FCショーにいけなかった方はぜひこちらで実体験して下さい。あー、こういうこともフェアーから足を遠のかせるのだろうか。いやきっと違う、このムービーを観た方々は来年はぜひ自分も行ってみようと思うに違いないから。